【血圧が高めの方の健康緑茶の正しい飲み方】いつ何で飲めばいいかを解説!

血圧対策が出来る血圧が高めの方の健康緑茶。

効果的に飲み続けるにいつのタイミングがベストなのでしょうか。

出来る限り効果的に血圧が高めの方の健康緑茶の服用をしたいですよね。

1日1回1袋と書いてあるけど、もっと多く飲んだ方が血圧対策が出来るような気もします。

しかし、焦って服用量を増やすと血圧対策が出来ないのです!

効果的な服用方法は、「継続して用法用量を守ること!」でした。

そもそも、お茶の効果的な飲み方って?

血圧が高めの方の健康緑茶の飲み方を紹介する前に緑茶の飲み方を紹介します。

血圧が高めの方の健康緑茶は緑茶と同じように食後や食前に飲むことが出来ます。

また、緑茶にはカテキンが含まれています。

カテキンの主な効果は健康効果やダイエット効果です。

年齢を重ねると健康効果やダイエット効果が特に気になりますよね。

特にカテキンには生活習慣病の予防や抗酸化作用などの効果が期待出来ます。

そんなカテキンが沢山摂れる飲み方を紹介していきます。

簡単に飲める方法なので試してみましょう。

カテキン効果も期待!効果的な淹れ方と飲み方を紹介

カテキンが沢山抽出出来る効果的な緑茶の入れ方と飲み方を紹介していきます。

カテキンが沢山抽出出来るお湯の温度は90℃です。

また、美味しく緑茶が飲める温度は70℃から75℃です。

以上を参考にして急須にお茶を注ぎましょう。

急須にお茶を注いだら1分から2分の間待ち、湯呑に淹れて飲みましょう。

その他にも、緑茶のカテキンを多く抽出させることが出来る飲み方があります。

その方法は、「煮出す」方法と、「水出し」の方法です。

まず、煮出す方法ですが、500mlのお湯を沸かした後大さじ2の茶葉を入れます。

弱火で5分煮出すとカテキンがたっぷりと入った緑茶が飲むことが出来ます。

続いて水出しの方法ですが、氷水300mlに茶葉大さじ2を用意します。

茶葉を急須に入れて氷水を入れ、5分間待つと美味しい緑茶を飲むことが出来ます。

水出しはカフェインやカテキンの量が減りますがうまみ成分のテアニンが出てくれるため、美味しく緑茶を飲むことが出来るのです。

さらに、水出しの方法で緑茶を淹れるとエピガロカテキンが出て免疫力もアップする効果があります。

うまみを重視するか、カテキンをたっぷり摂取するか、お好みに合わせて緑茶を淹れましょう。

血圧が高めの方の健康緑茶の飲み方を紹介

血圧が高めの方の健康緑茶の服用は1日1回1袋と服用量が決まっています。

血圧対策がしたいなら、もっと1回の量を増やしたいと考えてしまうかもしれません。

また、1日の回数を定量の1袋以上飲んでしまったり…

血圧対策をしたいなら、用量用法を守りましょう。

1日に飲む回数や飲む量を増やすより、継続して長期間服用し続けることが血圧対策に効果的なのです。

1日1回で健康的な生活に

血圧が高めの方の健康緑茶の1日の服用は1袋です。

1日1回1袋の摂取だけで、血圧対策が出来ます。

健康食品は継続して飲まなければ効果が表れなかったり、効果を感じにくいため、1日に1回のみの服用はとても嬉しいですね。

朝に飲み忘れたら昼や夜に飲むことが出来ます。

1日に何錠も飲むわけでもないため、身体に負担もありません。

また、血圧が高めの方の健康緑茶は水やぬるま湯で溶かすだけで服用が出来ます。

大粒のサプリメントを飲むわけではないため、服用の際も辛くありません。

1日に1回、1袋の服用量ですが用法用量をきちんと守りましょうね。

早く血圧対策がしたいからといって、多く飲んでも意味がありません。

きちんと毎日1袋ずつ継続して飲むことが、血圧対策の鍵なのです。

気になる服用のタイミングは?

血圧が高めの方の健康緑茶の服用のタイミングですが、「朝の服用」をおすすめします。

血圧が高めの方の健康緑茶は健康食品ですので、基本的に服用はいつでも大丈夫です。

なぜ、薬のようにタイミングが明確ではないのかというと、健康食品やサプリメントは「食品」に分類されているからです。

食パンや焼肉などのように、健康食品やサプリメントは食品に分類がされているのです。

食品には何時に食べるようになんて指定がありませんよね。

血圧が高めの方の健康緑茶も食品に分類がされているため、服用のタイミングは定められいません。

血圧が高めの方の健康緑茶のような健康食品は継続して服用することが大事です。

服用のタイミングを決めるよりも毎日忘れずに服用をすることに重点を置きましょう。

服用を忘れないように、「朝に飲むこと」や「食後に飲むこと」といったように服用のタイミングを決めても良いですね。

血圧が高めの方の健康緑茶と一緒に飲むのは何がベスト?

血圧が高めの方の健康緑茶はぬるま湯と一緒に飲むと良いでしょう。

一緒に飲むというより、血圧が高めの方の健康緑茶は粉末緑茶なので、ぬるま湯や水に溶かして飲みましょう。

血圧が高めの方の健康緑茶は緑茶の品質にこだわって製造されています。

静岡県産の一番茶にこだわって旨味は濃く、まろやかで風味が豊かな味わいが特徴です。

通常の緑茶を飲む場合もぬるま湯や水で緑茶を飲みますよね。

緑茶を飲むときと同じような感覚で血圧が高めの方の健康緑茶も飲むことが出来るのです。

血圧が高めの方の健康緑茶に使われている茶葉は土づくりから栽培および収穫や製茶、仕上げまでを一貫生産していることが特徴です。

通常の緑茶と同じような旨味を健康食品である血圧が高めの方の健康緑茶でも味わえるのです。

血圧が高めの方の健康緑茶の保存方法は

血圧が高めの方の健康緑茶の保存方法を紹介します。

血圧が高めの方の健康緑茶の保存方法は他のサプリメントや健康食品と同じです。

1日1回1袋が服用量として決まっている血圧が高めの方の健康緑茶は、1袋開封したらそのまま飲み切りましょう。

中途半端に残してしまうと風味も薄れてしまいます。

また、普段緑茶を保存する場合も血圧が高めの方の健康緑茶のような粉末タイプであれば透明容器以外で保存をしましょう。

緑茶に含まれるカテキンは紫外線に弱いため、透明容器で保存すると紫外線に当たってしまうのです。

粉末タイプの緑茶は湿度を下げて紫外線に当てずに保存をしましょう。

おすすめの保存方法は茶筒です。

茶筒は100円ショップでも販売しています。

プラスチック製の安物でも構いません。

茶筒であれば湿気も防ぐことが出来ますし、紫外線も避けられます。

血圧が高めの方の健康緑茶は1袋を1度で飲み切るべきですが、緑茶は1週間飲む分だけなどと分けて茶筒に入れましょう。

血圧が高めの方の健康緑茶、服用期間は?

血圧が高めの方の健康緑茶のような健康食品は薬ではありません。

そのため、血圧対策に期待を持たせるのであれば長期間の服用が必要です。

臨床実験では、血圧が高めの方の健康緑茶を服用してから1週間から2週間で高かった血圧が改善されたというデータがあります。

画像をみてもわかるように、血圧が高めの方の健康緑茶の服用を中止すると、血圧が元の高い状態に戻っているのもわかります。

個人差がありますが、服用を行うと高い血圧が改善され服用を中止すると元に戻るのです。

服用の期間は定められてはいませんが、血圧対策をしたいのであれば継続的に服用すべきです。

おすすめの摂取方法を紹介

血圧が高めの方の健康緑茶のおすすめの服用のタイミングを紹介します。

それと一緒に朝昼晩に出来る血圧対策をリサーチしていきました。

血圧が高めの方の健康緑茶の服用をしながら、日々の生活習慣の見直しも行いましょう。


朝は何かとバタバタしてしまい、1日のうちで一番忙しい時間帯です。

お弁当作りや出勤の準備などに追われてなかなかホッとできる時間がないですよね。

そんな朝の時間帯の血圧は起床と共に段々と上がっていきます。

上がっていく血圧を抑えるには朝の血圧対策がおすすめです。

朝に血圧が高めの方の健康緑茶のような健康食品および緑茶を飲むとより効果が実感出来ます。

また、朝に緑茶を飲むとカフェインの力で眠気が覚めて、頭がスッキリとする効果があります。

さらに、温かいお湯で淹れた緑茶は起きたばかりの体を温めてくれます。

温かい緑茶は胃や腸も温め、お通じにも良いのです。

暑い夏には冷たい水でお茶を淹れても良いですね。

冷たい水で淹れた緑茶は見た目も涼しげで癒されます。

春から夏の間は冷たい水で淹れて涼しげな緑茶を楽しみましょう。

血圧が高めの方の健康緑茶はお湯でも水でも楽しむことが出来ます。

季節や気候およびその日の体調に合わせて淹れ方を変えても楽しめそうです。

また、朝に行う血圧対策は緑茶を飲む以外にも、水を飲むこともおすすめします。

夜から朝にかけて約8時間以上何も飲んでいない状態の体は脱水症状を起こしています。

寝ている時も汗をかいているため、自分が感じているよりも水が足りない状態なのです。

そこで、朝起きたらコップ1杯の水を飲んで脱水状態から脱却しましょう。

脱水時は血液の流れが悪い状態です。

脱水症状の体に水を取り入れることで血液の流れが良くなります。

血液の流れが悪いと、必死に血液を流そうと身体が頑張るため血圧が高くなります。

水を飲むことでそれを阻止してくれるため血圧上昇を抑えてくれるのです。


昼間は仕事や家事の合間である時間帯です。

お昼に血圧が高めの方の健康緑茶を飲んでも良いでしょう。

しかし、血圧が高めの方の健康緑茶や緑茶を昼間に飲もうとして会社に持って行った場合、水筒の中の飲料の色が茶色く変色する恐れがあります。

その原因は緑茶に含まれるカテキンです。

カテキンは酸化しやすくタンニンが生まれます。

タンニンが生まれることで渋みと変色の原因になるのです。

変色ももちろんですが、味も淹れたてと比較すると比べものになりません。

お昼にどうしても血圧が高めの方の健康緑茶や緑茶を飲みたい場合は、粉末と水またはぬるま湯を分けて持ち歩きましょう。

血圧が高めの方の健康緑茶は1袋使い切りの健康食品です。

飲む際に水やぬるま湯で溶かして飲めば風味も色も変わる事なく飲むことが出来ます。

緑茶を飲む際も粉末タイプであれば水やぬるま湯を別で持って行くことでカテキンの酸化を抑えることが出来ます。

さらに、昼間に血圧対策をしたい場合は昼食の選び方に注目してみましょう。

ダイエットは高血圧対策に良い方法です。

そこで、ダイエットに向いている昼食を選んで食べましょう。

やはりバランスが摂れるのは定食です。

中でも焼き魚定食は高血圧対策におすすめの定食です。

高血圧の原因は塩分の過剰摂取が原因である場合もあります。

そこでヘルシーで栄養バランス抜群の焼き魚定食を食べましょう。

定食であれば米や主菜および副菜がきちんと摂ることが出来ます。

さらに焼き魚はカロリーが低いためカロリー大量摂取を防ぐことが出来て高血圧対策に抜群の食事なのです。

また、麺類なら低カロリーのそば、パスタなら高カロリーのクリーム系ではなくトマト系のパスタを食べて野菜を補いましょう。

コンビニで昼食を購入する場合はサイドメニューにサラダをプラスしてバランスを摂りましょう。

高血圧対策を行うために昼食はダイエットを意識して一緒に血圧が高めの方の健康緑茶を服用すればバッチリですね。


より効果的に血圧が高めの方の健康緑茶飲むなら夜より朝に飲むことをおすすめします。

その理由は「起床時は血圧が高くなりやすい」から!です。

起床時は身体が動き出そうとしている時間帯なので血圧が高くなりやすいのです。

逆に夜は身体が眠ろうとしているため安静になり血圧が低下していきます。

高い血圧を下げる対策をしたいのであれば、血圧が高めの方の健康緑茶は朝に飲むことが良いでしょう。

さらに、夜緑茶を飲むとカフェインの力で眠れない場合があります。

どうしても夜に緑茶を飲みたい場合、水出しで淹れることをおすすめします。

水出しで緑茶を淹れるとカフェインの発生を抑えることが出来ます。

ここで、ワンポイントアドバイスです!

夜の水出しで淹れる緑茶はあまり冷たい水にしないようにしましょう。

あまりに冷たい水で淹れてしまうと寝る前の体が冷えてしまいます。

冷えてしまうと寝付けない原因となってしまいますので注意が必要です。

疲れが溜まっている方やストレスが溜まっている方にも水出しの緑茶はおすすめです。

また、夜に出来る血圧対策ですが、ストレスを溜めないように早目に就寝をすることです。

忙しい毎日で早目に眠ることは難しいとは思いますが、就寝することも血圧対策には良いことです。

高血圧対策には良質な睡眠が鍵なのです。

高血圧は原因不明の「本能性高血圧」によるものであると言われていますが、良質な睡眠を取ることで改善します。

ストレス自体を無くすことは難しいとは思いますが、楽しいことを出来るだけ考えて睡眠を取るようにしてみましょう。

日中に適度な運動を行い、良質な睡眠を意識しましょう。

就寝前にリラックスが出来る音楽を聞くこともおすすめします。

また就寝ギリギリまでスマートフォンやパソコンおよびテレビなどを見ていると良く眠ることが出来ません。

そのような習慣も改善をさせて血圧対策のために良質な睡眠をゲットしていきましょう。

高血圧対策に!血圧が高めの方の健康緑茶を1日1回飲むだけ

血圧が高めの方の健康緑茶についてのまとめをお伝えします。

血圧が高めの方の健康緑茶ですが、

・1日1回1袋の用量を守って服用しましょう。

・ぬるま湯や水で継続的に飲むことで血圧対策を行うことが出来ます。

・最も良い服用タイミングは朝です。

血圧が高めの方の健康緑茶の飲み方について紹介しました。

血圧が高めの方の健康緑茶は食品に分類されている健康食品なので飲むタイミングなどは決まっていません。

飲むタイミングではなく1日1回1袋という用量を守り、継続的に服用することが重要なのです。

血圧が高めの方の健康緑茶は粉末タイプの健康食品です。

そのため、水やぬるま湯で溶かしてから飲みましょう。

朝や夜飲む場合は体を冷やさないようにぬるま湯で飲むことをおすすめします。

逆に春や夏など暑い時期や体調などに合わせて水で溶かして飲んでも良いですね。

血圧が高めの方の健康緑茶は継続して飲めば血圧対策が出来ますが、おすすめの服用タイミングは朝です。

朝は体が起き始めるため血圧が徐々に高くなります。

高血圧を防ぐ為にも血圧対策は朝に行った方が良いのです。

血圧が高めの方の健康緑茶を飲んで血圧対策を行う他にも、コップ1杯の水を朝に飲むことで高血圧の対策に繋がります。

夜眠ってから朝起きるまで何も飲んでいない体は脱水症状の状態です。

脱水症状であると血流の流れが悪く体に負担がかかります。

そこで高血圧になってしまうのです。

水を飲むことで血流の流れを防ぐことが出来るため、高血圧対策が出来るのです。

そんな血圧対策が出来る血圧が高めの方の健康緑茶は大正製薬の公式サイトで購入が出来ます。

公式サイトでの購入はお得な定期コースでも購入が可能です。

是非公式サイトからの購入を検討してみてくださいね!

投稿日:

Copyright© 血圧が高めの方の健康緑茶の口コミと最安値で購入する方法!効果や安全性も徹底解説! , 2019 AllRights Reserved.